*

手作り酵素ドリンクではダイエットに失敗する?!

      2018/04/19


手作り酵素ドリンクにチャレンジしていたお料理上手なママ友Iさんから、先日こんな相談を受けました。

「酵素ドリンク飲んでるのに全然痩せないんだけど。。」と。

飲んでいる酵素ドリンクはIさん手作りの「りんご酵素ドリンク」。
1日1食。朝食の置き換えダイエットに挑戦されていたそうです。

衝撃です!

何が衝撃って、「手作り酵素ドリンク」でダイエットに挑戦されていたことがです!

実は、「手作り酵素ドリンク」はダイエットに不向きなのです。

というより、ほぼ確実に「手作り酵素ドリンク」でのダイエットは失敗してしまいます。
今回は、なぜ、手作り酵素ドリンクでダイエットができないのか、その理由について紹介したいと思います。

 

○酵素ドリンクを利用したダイエットとは?

酵素ドリンクを使ったダイエット方法は、「ファスティング」です。

酵素ドリンクダイエットで、この方法が一番早く効果を実感できるダイエット方法です。

いわゆる「断食」ですね。

ただし、一般的に知られている「断食」が水だけしか飲まないのに対し、酵素ドリンクで行うダイエット(ファスティング)では、水と「酵素ドリンク」を飲んで行います。

水だけの断食と違い、酵素ドリンクで必要なビタミンやミネラルなどの栄養素を補給しつつ行う酵素ドリンクファスティングは、健康的に痩せやすい体質への改善を目指すことができます。

また、断食中でも酵素ドリンクを飲む事ができるため、空腹感を紛らわすこともできます。
酵素ドリンクを飲むことで、体外酵素を補給し、代謝酵素を活性かさせることで、代謝をアップさせ1日の消費カロリーを上げる事が期待できるのです。

 

○手作り酵素ドリンクがダイエットに向かない3つの理由

 

手作り酵素ドリンクがダイエットに向かない理由は大きく3つです。

①ファスティング中の栄養素を補給できるだけの栄養素が含まれていない

1日に必要な栄養素を「酵素ドリンク」だけで補うため、ダイエット中の「酵素ドリンク」選びはとても重要です。

たくさんの種類・豊富な栄養素が含まれいてる事は必須条件です。
さらに、無添加・無農薬の素材で作られていればベストです。

たくさんの野菜や果物から作られている市販の酵素ドリンクと違い、手作りの酵素ドリンクは1~3種類程度の材料で作ることが多く、ファスティング中の栄養を補うには栄養の種類も量も不足しています。

多くの食材を使用すればするほど、食材の発酵が難しくなり失敗する確率が高くなってしまうのです。
市販の酵素ドリンクと同じ程度の種類、材料をそろえるのは大変ですし、分量や素材の組み合わせを考えるのもプロと同じようにはいかないものです。

酵素ドリンクでダイエットをするなら、市販の酵素ドリンクを選ぶのが最善です。

②カロリーが高い

作る過程で使用する大量の白砂糖は、しっかりと発酵されていれば分解されカロリーはさほど気にならなくなりますが、通常、1~2週間の発酵で、この白砂糖は完全分解されません。

白砂糖が完全に分解されるまでに必要な日数は、半年~1年ともいわれています。

砂糖が完全に分解されていない酵素ドリンクは糖分が多く、カロリーはかなり高くなってしまいますから、ダイエットには不向きなのです。

 

③衛生的な問題が心配される

手作り酵素ドリンクで、材料を発酵させるためには自分の手に存在している「常在菌」を使用します。
その為、材料を入れた後、毎日1~2回、素手でかき混ぜる工程が必要となります。

自分の菌だし、自分が飲む物なのでそれほど気にならないとは思いますが、衛生的にはかなり危険なことも事実です。
自分の手の菌に何が存在しているのかわかりませんし、季節的には食中毒を起こす可能性もあります。


絶食中の酵素ドリンクは安心・安全でかつ栄養価の高いドリンクが必要となる為、手作りの酵素ドリンクでのダイエットでは、成果を出すことが難しく失敗する可能性が高いのです。

酵素ドリンクでファスティングをする際は、プロが作った市販の酵素ドリンクを使用することをオススメします!
また、手作りの酵素ドリンクは作る事を楽しんだり、健康維持の目的で利用するのがオススメです。

 

きょうのおかヤドカリ:ヒーターを入れてから、おかヤドカリの砂の乾燥が激しい・・。(汗)

 - ダイエット