*

酵素ドリンクで夏バテを吹き飛ばそう!!

   


 

なんとなく体調がよくない・常に体が疲れている・・
それ、夏バテかも!
夏の気温差についていけなくなった体に「酵素ドリンク」は効果的なんです!
夏バテの原因や対処方法について、紹介しています。
今、夏バテかも・・・と感じているならぜひ読んでみてください!

○夏バテとは?

夏バテとは、暑さ負け、夏負け、暑気あたりなどとも呼ばれ、夏の気温の高さに体が対応できずに、自律神経が乱れ体に様々な不調が現れることを言います。

夏バテの主な症状

1 消化不良・食欲不振

2 だるさ・倦怠感・疲労感

3 寝不足

 

 

○夏バテがおこる原因

夏バテの主な原因は、自律神経の乱れが引き起こしています。
自律神経の働きの1つに体温を一定に保つという働きがあります。
夏の高い外気温と冷房の効いた涼しい室内との気温差から、体を一定に保とうとする自律神経が急激な変化についていけず乱れてしまうと夏バテの症状が発生してしまいます。

1 消化不良・食欲不振

⇒自律神経が乱れると、消化器官の機能も低下してきます。
さらに、冷たい飲み物を摂取することにより胃が冷やされ機能が低下します。
胃の機能が低下すると消化不良が起こり、食欲不振につながります。

2 だるさ・倦怠感・疲労感

⇒暑い夏の時期、冷房で冷えた室内と外気温の間にはかなりの温度差が生じます。
自律神経は、体温を一定に保とうと1日に何度も体温の調整を図ります。
このストレスから自律神経が乱れ、疲れがとれにくいと感じたり、全身の倦怠感を感じるようになります。

3 寝不足

⇒寝苦しい熱帯夜が続くと、寝つきがわるくなる・眠りが浅くなるなど障害が起こり寝不足になります。
寝不足から、日中の疲れがとれず夏バテを引き起こしてしまう原因になってしまうのです。

 

○夏バテの対処方法とは?

では、夏バテになってしまった場合、どうしたらいいのでしょうか。
一般的な夏バテの対処方法について紹介していきたいと思います。

①外と部屋の中の気温差をできるだけ小さくする

外と部屋の温度差は5度以内に収まるように設定することがオススメです。
エアコンは27~8度に設定するように心がけましょう。
また、電車や会社・お店などエアコンの設定温度が調節できないところに行くときは、上着を持っていくなど温度調節ができる用意をしておきましょう。

②しっかりと栄養をとる

夏場は汗をかきます。
この汗かくと、体内の水分だけでなくビタミンやミネラルも放出されています。
夏に特に不足するビタミンは「ビタミンB1」です。

「ビタミンB1」を多く含む食材を取り入れた栄養のある食事を心がけましょう!

<ビタミンB1を多く含む食材>
・豚肉
・うなぎ
・レバー
・大豆など

③胃腸を冷やさない

夏はアイスや冷えたビール・炭酸飲料など、冷たいものを多く摂取しがちです。
冷えた飲み物や食べ物のの摂りすぎは胃腸を冷やす原因になります。
胃腸が冷えると消化機能が低下し、胃もたれや食欲不振などを引き起こしてしまいます。

暑い季節だからいこそ、内臓を冷やさない様に「常温」や「温かい」飲み物を取るように心がけましょう。
また、あったかいお風呂にゆっくりつかることも効果的です。
シャワーで済ましてしまいがちな夏ですが、1日冷房で冷えた体をお風呂でリセットし体を温めるようにしましょう。

 

○酵素ドリンクが夏バテに効果的なワケ

 

<酵素ドリンクとは>

酵素ドリンクは酵素や酵母などを使ってできた「発酵飲料」です。
野菜やくだもの・海草などを原材料に作られており、生きていく為に必要な栄養素を補給する事ができるドリンクなんです。
普段の食事では不足しがちなビタミン・ミネラルなども酵素ドリンクから摂取することができます。

[酵素ドリンクの主な効果]

・基礎代謝力の向上

・便秘の改善

・免疫力の向上

・血液サラサラ効果!

・美肌効果

<酵素ドリンクが夏バテに効果的なワケ>

酵素ドリンクは発酵・熟成されている為、食材の持つ酵素によって半分消化されて状態です。
夏バテで疲れている胃腸に負担をかけることなく、ビタミンや、ミネラルといった栄養素をタップリと摂取する事ができます。

また、酵素ドリンクの持つ効果自体(代謝力のアップや整腸効果など)も、夏バテに効果が期待できます。

酵素ドリンクの効果はダイエットだけではありません。

体に優しく栄養タップリな酵素ドリンクを賢く活用し、暑い夏をのりきりましょう!!

 - 効果